ブログ

ブログ (blog) は、World Wide Web上のウェブページに、覚え書きや論評などを記すウェブサイトである。「WebにLogする」のウェブログ (weblog) をブログ(Blog)と略称する[1]。執筆者はブロガー (blogger)、個別記事はブログエントリーと呼ばれる。

概要

ニュースやサイトなどに感想などを付して該当のURLとともに紹介した、英語のウェブサイトが端緒とされる。のちにBloggerMovable Typeなどのツールが出現して本格的に拡大した。イラク戦争の際はバグダッド在住のイラク人女性リヴァーベンドが発するブログ『Baghdad Burning』(バグダッド炎上)が話題となり、その知名度を大きく引き上げる結果となった。

筆者の個人的な体験や日記、ニュースや時事などの話題など、時系列で記録されるウェブサイト全般を含めて呼称したり、ウェブサイトの作成機能を提供するソフトウェアやサービスなどを称することもある。

ウェブサイトとしての体裁は、主として管理者が記事を投稿する私的ニュースサイト、あるいは公開日記である。特定の投稿方法に限定はされないが、ブログ向けのソフトウェアやウェブスペースがあり、それをダウンロードやレンタルして使えば、HTMLを知らなくても、自身のブログとしてウェブブラウザから手軽に情報の発信・更新ができる。

レンタルのものには、パソコン以外に携帯電話などモバイル通信端末のインターネット機能を用い、外出先などからの手軽な更新が可能な仕様のものも多い。それぞれの項目にはタイトルの付与が可能で、時間軸やカテゴリで投稿を整理、分類する構造となっている。

用途は幅広く、個人の日記的なものから、手軽な意見表明の場として、時事問題などについて論説するものがある。また、企業クリエイター集団が、対外的な活動日誌などという位置づけで、自社公式サイト内で公開している事も多い。

自身のブログでの発言や投稿した写真が、世間に対し影響を及ぼすブロガーのことを、近年ではインフルエンサーと呼ぶ。

分類

モブログ (moblog)
主に携帯電話などのモバイル通信端末を使用しメールを送信して更新する
フォトログ (photolog, fotolog)
写真画像を主体として更新される
ブイログ英語版(ないしヴログもしくはビデオログとも)(Vlog)
ビデオコンテンツの配信を主体とする
エログ (elog, erog)
アダルトコンテンツを扱う
ノベログ (novelog)、ブログ小説
自作の小説を話数ごとに分けて更新するもの
ファッションブログ (fashion blog)
ファッションジャンルに特化したブログ
ブログメディア
おもに法人が、ビジネス目的に複数人で組織として運営するもの。「双方向性」という特性を利用しつつ、専門性に特化した内容を発信する。ブログのように時系列を逆順に記事が並ぶサイトを指し、雑誌メディアをも置換しうる新メディアとも捉えられている。

ブログとRSS

多くのブログシステム(サービス)はRSSフィードAtom(以降、特に断りがなければRSSとはこれら2つを指す)を使って更新を自動通知したり、トラックバック機能を使用して、他のブログからの引用やリンクを自動で行えるなどの充実した編集機能が備わっている。RSSによるXMLを使った定型での情報配信は、それぞれのブログから配信されるRSSを自動巡回サービスで取りまとめて、更新があったときにユーザに通知するサービスを生み出した。また、データ配信の形が定まっているため、ニュース配信も容易で、大手のマスコミがニュースをRSSで配信し始めるようになった。

日本における普及

日本ではブログよりも先にWeb日記個人ニュースサイトといったウェブサイト、さらにそれらに付随するコミュニティも存在したことから、当初は日本での普及には懐疑的な見方もあった。

しかしながら、実際にはサービスツールの日本語化などによって2002年平成14年)頃から急速に普及し、2005年平成17年)3月末の時点においては日本国内での閲覧者数(少なくとも月に1度はブログを閲覧している)が約1,651万人いると総務省から発表された[2]。また、2004年平成17年)9月から翌年9月にかけての利用者数の増加が特に顕著であり、この間に約2倍に増加したことによって2,000万人を超えたという調査報道もなされた[3]

日本におけるブログは、各ブログの投稿数が多いことを特徴としており、その結果として、2006年平成18年)の第4四半期には全世界のブログ投稿の約37%を日本語によるものが占め、英語中国語を上回る第1位となっていた[4]。また、日本独自のブログ形態として、携帯電話からの写真付投稿等に対応したブログ、「モブログ[5]」がある。

日本で市民権を得たブログは、個人による運営のほか、企業、人気芸能人や政治家、その他著名人などによっても作成されるようになり、角界においてもブログ開設が盛んである。

アフィリエイト広告とFlog

最近では、アフィリエイト広告などを貼り収入を得ているブログ利用者も多く増えてきている。最近では企業も宣伝目的に利用するケースも増えており、利用者に対し企業が商品を提供し宣伝を書いてもらう広告なども存在している。

アメリカでは、企業が個人になりすまして商品の宣伝広告を記事にする一種の偽ブログを製作していた事(ステルスマーケティング)が判明し、2006年12月、やらせサイトやブログに関して規制する法案が連邦取引委員会に提出されるまでの騒ぎとなった。現状州法での規制がなされている。

日本では、NHKがニュース番組でこのことに触れ、企業が商品を提供し宣伝を書くことがあると伝えたところ、2ちゃんねるでは「企業がサクラを雇っている」と取られてしまい、NHKが取材したブログが炎上する結果となってしまった。ウィキペディア英語版によると、英語圏では「やらせブログ」のことをFlog (Fake blog, Flipped blog) と表現するという。

選挙活動

2004年アメリカ大統領選挙ではハワード・ディーンを始めとする民主党陣営が積極的にブログを活用した。

日本では2005年に行われた第44回衆議院議員総選挙において、有効活用の動き(ネット選挙)があったものの、ブログを含めたウェブページは「(新たな)文書図画の頒布による選挙運動」と見なされ、公職選挙法によって候補者のウェブサイトは選挙告示以降の更新が停止されるという問題があり、あまり活用はされなかった。

この点については2007年現在、解禁されるべきかどうか議論が行われており、また現行法の枠内でも投票を呼びかけなければ(つまり選挙に関係ない一般的な話題であれば)更新してもよいのではという意見もある。

中国語圏における普及

中国語では「博客」または「網誌」などと訳され、中国においては、一般サイトと同様ネット検閲されており、中国政府の厳しい統制下に置かれている(詳細は中国のネット検閲を参照)が、インターネットの普及とともに増え始めた利用者数は2007年には1億人を越すものとみられている。

中国の主なブログサービスサイト

一方、中華民国台湾)ではその発音を転写して部落格と呼ばれている。台湾でも流行しており、特に若年層は利用は多い。ブログサービスサイトも数多く、元祖といえる無名小站は一時650万人を超える多数の利用者を獲得したが、2009年頃からFacebookTwitterなど新規のSNSにユーザーが流出し、2013年12月でサービスを停止した[6]

台湾の主なブログサービスサイト

ブログを公開するための主なソフトウェア/サービス

サーバソフトウェア

自分でサーバ上に設置するもの。低いレイヤ(OSの管理者特権を持っていればそのチューニングまで可能)でのカスタマイズができる。使用されている言語はPerlPHPJavaサーブレットなど多岐にわたる。

ポータルブログ構築ASP

ブログのポータルサイトを構築するASPパッケージ。単一のブログではなく、複数のブログを設置し、参加者を募るサイトを運営できる。一般的なLAMP環境で開発されている例が多い。

  • PowerBlog - CATWALK社が販売するブログエンジン。希望に合わせた細かいカスタマイズ(有料)が可能。
  • @Blog(アットブログ) - ライトアップ社が販売する納入方のブログエンジン。近くASP版の提供も予定している。
  • CORESIS - かっぺ社製ブログポータルASP。ブログマーケティング活用や希望にあわせたオーダーメイド開発も可能。

サービスサイト

Webサービス型。利用者が自力でサーバソフトの設置をする必要はない。カスタマイズはサービスとして提供されているものに限られる。

日本国外のもの
日本のもの
終了

ソフトウェア型

ブログ検索エンジン

ブログ検索に特化した検索エンジンRSSないしトラックバックPING収集型が多い。

各ブログサービスが行うもの

終了

など。

ブログパーツ

ブログパーツとはブログに貼る小さなパーツのこと。ブログの機能性向上やデザイン性向上のために貼り付けるのが主な目的。プラグイン形式で提供されるものがほとんどである。

ブログを扱ったテレビ・ラジオ番組

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ ブログとは IT用語辞典
  2. ^ ブログ・SNSの現状分析及び将来予測] (PDF)”. 2007年2月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月19日閲覧。 総務省
  3. ^ ブログ訪問者は1年で2倍の2000万超に 2chは990万人 ITmediaの調査報道
  4. ^ 米テクノラティが2007年4月5日に発表した調査結果
  5. ^ Mobile Blogの略
  6. ^ 台湾の古参SNS「無名小站」が年末にサービス終了へ - ライブドアニュース(中央社フォーカス台湾)2013年9月1日

関連文献

  • 「インターネット社会論」赤木昭夫 1996/2 岩波書店
  • 「インターネット的」糸井重里 2001/07 PHP研究所2001/07
  • 「インターネットの心理学」パトリシア・ウォレス著 川浦康至+貝塚泉訳 2001/9 原書1999 NTT出版
  • 「ニュースの職人」「真実」をどう伝えるか 鳥越俊太郎 2001/10 PHP研究所
  • 「メディアのからくり」公平中立を謳う報道のウソを暴く 保岡裕之 2002/07 ベストセラーズ
  • 「反骨のジャーナリスト」鎌田 慧 岩波書店 2002/10
  • 「報道は欠陥商品と疑え」 That’s Japan 鳥越俊太郎 2002/10 ウェイツ
  • 「ネットは新聞を殺すのか」変貌するマスメディア 青木日照 /湯川鶴章 2003/09 NTT出版
  • 「サイバージャーナリズム論」インターネットによって変容する報道 前川徹 /中野潔 2003/10 東京電機大学出版局
  • 「はてな」ではじめるブログ生活」 鈴木芳樹 2004/6 ディー・アート
  • 「図書館に訊け!」井上真琴 筑摩書房 2004/08
  • 「ネットと戦争」9.11からのアメリカ文化 青山南 2004/10 岩波書店
  • 「『噂の真相』25年戦記」 岡留安則 2005/01 集英社
  • 「ウェブログのアイデア!」デジビン著 株式会社アスペクト 2005/3
  • 「ウェブログの心理学」山下清美  2005/03 NTT出版
  • オーマイニュースの挑戦」韓国「インターネット新聞」事始め 呉連鎬/大畑龍次 2005/04 太田出版
  • 「ブログ成功バイブル 超カンタン!最強メディア」百世瑛衣乎 2005/4 翔泳社 
  • 「ブログを続ける力」 GEODESIC編著 2005/4 九天社
  • 「ブログのすべて」ビジネスの常識 田口和裕 2006/5 ディー・アート
  • 「シビック・ジャーナリズムの挑戦」コミュニティとつながる米国の地方紙 寺島英弥 2005/05 日本評論社
  • 「50代にもよくわかる「ブログ入門」」滝田 誠一郎 2005/05 ベストセラーズ
  • 「徹底検証!NHKの真相―大手メディアが報じなかった“伏魔殿”の正体!」イースト・プレス特別取材班 2005/05 イースト・プレス
  • 「速く・わかりやすく」書く技術」原稿用紙3枚をラクラク30分! 栗田昌裕 2005/05 ベストセラーズ
  • 「手取り足取り「自分流」ブログ入門 」青木恵美 2005/7 技術評論社
  • 「ブログ 世界を変える個人メディア」ダン・ギルモア /平和博 2005/08 朝日新聞社
  • 「フォトジャーナリスト13人の眼」日本ビジュアル・ジャーナリスト協会 2005/08 集英社
  • 「パソコンで文章がうまくなる!」 鐸木能光 2005/09 青春出版社
  • 「ブログ・ジャーナリズム」300万人のメディア 湯川 鶴章・高田 昌幸・藤代 裕之 2005/10 野良舎
  • 「図書館を使い倒す!」ネットではできない資料探しの「技」と「コツ」千野 信浩 2005/10 新潮社
  • 「実践的 新聞ジャーナリズム入門」猪股 征一著 2006/01 岩波書店
  • 「おとな愉快団!ブログで遊ぶ こんな面白いこと 今すぐ始めなきゃ もったいない!」2006/3 インプレス
  • 「革命メディア ブログの正体」No.1ブログ検索エンジン テクノラティTechnorati)の挑戦 伊藤穣一 + デヴィット・L・シフリー&デジタルガレージグループ 2006/3 インデックス・コミュニケーションズ
  • 「編集長を出せ!」「噂の眞相」クレーム対応の舞台裏 岡留安則 2006/03 ソフトバンククリエイティブ
  • 「ブログ進化論」なぜ人は日記を晒すのか 岡部敬史 2006/4 講談社+α新書
  • 「人間力の磨き方」鳥越俊太郎 2006/06 講談社
  • 「ブログに挑戦してみよう!」NHK趣味悠々 2006/06 日本放送協会
  • 「ブログがジャーナリズムを変える」湯川鶴章 2006/7 NTT出版
  • 「書ける人」になるブログ文章教室」山川健一 2006/11 ソフトバンククリエイティブ
  • 「プロフェッショナルWebライティング」松下健次郎 2006/11 技術評論社
  • 「Web屋のためのRSSガイド」滝日伴則 /田中清貴 2006/11 技術評論社
  • 「ウェブ人間論」梅田望夫 平野啓一郎 2006/12 新潮社
  • 「ブログ炎上」Web 2.0時代のリスクとチャンス 伊地知晋一 2007/03 アスキー
  • 「ウェブ社会の思想」<遍在する私>をどう生きるか 鈴木謙介 2007/05 日本放送出版協会
  • 「ブログ・オブ・ウォー」僕たちのイラク・アフガニスタン戦争 マシュー・カリアー・バーデン /島田陽子 2007/05 メディア総合研究所
  • 「ウェブは資本主義を超える」池田信夫 2007/06 日経BP社 /日経BP出版センター
  • 「サイバージャーナリズム論」それからのマスメディア 歌川令三 2007/07 ソフトバンククリエイティブ
  • 「ウェブ炎上」ネット群集の暴走と可能性 荻上チキ 2007/10 筑摩書房
  • 「パブリック・ジャーナリスト宣言。」小田光康 2007/11 朝日新聞社
  • 「ネットメディアと<コミュニティ>形成」遠藤薫  2008/03 東京電機大学出版局
  • 「ブログ論壇の誕生」佐々木俊尚 2008/09 文藝春秋
  • 「戦争絶滅へ、人間復活へ」93歳・ジャーナリストの発言 むのたけじ 2008/07

関連項目

外部リンク


This page is based on a Wikipedia article written by contributors (read/edit). Text is available under the CC BY-SA 4.0 license; additional terms may apply. Images, videos and audio are available under their respective licenses. Cover photo is available under CC BY 2.0 license.